コンテンツ

屋根の葺き替え

どうして「葺き替え」が必要なの?

塗装で十分に改修できないケース

葺き替えは今ある屋根を一旦はがして、
新しい屋根材に替える工事です。

経年劣化によって屋根に傷みが発生した場合、改修が必要ですが、なかには塗装しづらいケース、あるいは全面に葺き替えたほうがメリットの多いケースが発生します。また、瓦屋根に関してはもともと塗装できるものではありません。

 

耐震対策として

近年耐震対策として、屋根の葺き替えが見直されています。

重い形状の屋根から軽い屋根へ。その重要性は説明するまでもないはずです。建物の重心を低くすることで、地震などの揺れも少なくなります。
ご家族の不安をひとつでも取り除くためにも、屋根を軽く、丈夫なものに葺き替えることをお考えください。

 

外観の新調

その家の外観イメージは、屋根によって大きく印象が決まります。

屋根を替えるということは、当然見た目も大きく変わります。モダンな形で、クラシックな形で、近代的に、軽快に、重厚に…
今までの家の雰囲気を一変させる屋根のアレンジも可能なのです。

屋根の葺き替え

 

こんなにある、葺き替えの種類

瓦屋根

瓦屋根

粘土を高温で焼き上げた日本瓦は、防水性に優れ、多少の衝撃では割れません。そのため50年〜100年以上耐久性があると言われています。その古風なフォルムから、和風な建物には最もふさわしく、瓦屋根からそのまま瓦屋根に葺き替える家屋が非常に多くみられます。

しかし、葺き替えにかかる費用が非常に高く、またその基礎となる「漆喰(しっくい)」部分はある程度頻繁なメンテナンスが必要です。耐震性が低いことも…。瓦を葺きなおすもよし、思い切って一新させるもよし、地域の住まいのドクターである、グリーンハウスに診断をおまかせください。

 

スレート屋根

スレート屋根

他の屋根の材質に比べて圧倒的に葺き替えの価格が安いのが、スレート屋根です。粘板岩をもとにした天然スレートとセメントと繊維を混ぜ合わせた人工スレートがあり、加工しやすく運搬も楽なため、現在ではほとんど人工スレートが使用されています。

安いだけでなく、色の種類も豊富で、形状もさまざまなタイプが選べます。比較的軽量ですので、耐震性も高いと考えられます。
難点はその薄さ。衝撃に弱く、傷みやすいという特徴があります。そして塗装などの適度なメンテナンスを怠ると、耐久性は一気に下落します。

 

金属屋根

金属屋根

鉄板をもととするトタン、加工性が高い銅、強度に優れるステンレスなど、金属を使って屋根を葺き替える手法です。
加工・変形しやすいのでデザインの自由度が高く、曲面の屋根にも対応できます。隙間を無くして雨水の侵入を防ぐことも可能なため、水がたまりやすくなる平面、緩斜面の屋根にもふさわしい葺き替えといえるでしょう。耐震性にも富んでいます。

デメリットとして金属のため伝導率が高く、熱を集めやすい点があります。逆に放射冷却も激しくおこり、きつい冷え込みに対しては換気・通気のひと工夫が必要でしょう。また、音が伝わりやすく、雨音が響きやすいという難点も。この場合、断熱材・制振材を設けて、音を和らげることができます。

 

最新屋根材の「ガルバリウム鋼板」に注目!

屋根や外壁の外装材として、ガルバリウム鋼材が注目され、使用されるケースが急増しています。
アルミニウムを中心とする特殊なメッキにより、さびにくい構造が大きな特徴です。そのため耐久年数も非常に長く、美観を長期に渡って保つといわれています。

軽いので耐震性が高いのも大きなメリット。
重い瓦屋根の葺き替えを考えているお客様におすすめしたい素材です。
このガルバリウム鋼板については、扱える業者がまだ多くありません。グリーンライフはどのようなタイプの屋根にも、ガルバリウム鋼板への葺き替えができます。時流の素材で葺き替えをお考えのお客様に、グリーンライフが自信を持ってお力添えします。

 

ページ上部へ